So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

佐村河内守 高橋大輔 [オリンピック]

聴力を失った作曲家でフィギュアスケート代表高橋大輔さんが
ソチ冬季オリンピックのショートプログラムで使用する曲が
現代のベートーベン」ともいわれているの佐村河内守さんの
曲なんですが、その佐村河内守さんが作っているはずの曲が
別人が作っていたんです!!!
詳しくお伝えします。



スポンサーリンク


佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんとは
こんな方↓

1まもる.jpg


1963年(昭38)9月21日
広島市生まれ

音楽家って雰囲気ですよね。
しかし楽曲がゴーストライターだったとは
かなりショックです。


テレビでドキュメンタリーを
見た方は感動した方も多いのでは・・・
テレビ出演もかなりしています↓


1てれび出演.jpg


佐村河内守さんは
広島で生まれ4歳のころから
ピアノをはじめました。


5歳ではすでに作曲をしていたそうです。


独学で音楽を勉強していたが
17歳の時、原因不明の片頭痛や聴覚障害を発症してしまう。


しかし障害という世間の偏見、同情などされたくなく
聴力の低下を隠し音楽制作を続けていました。


そのかいあって
97年公開の映画秋桜」のサウンドトラック
98年発売のゲームバイオハザード」のBGM
99年、ゲーム「鬼武者」の「交響組曲RISING-SUN」という楽曲

と多く手掛けました。


しかしこのころには佐村河内守さんの
聴力を完全に失っていたそうです。


2003年には、「交響曲第1番〈〈HIROSHIMA〉〉」が完成し
有名となったが
今回の話だとこのころから別人が作曲していたそうです。


1ひろしま.jpg


佐村河内守さんは
別人にイメージなどを伝え、曲にしてもらっていたそうですが
実際、作曲した人物も
なんだかの理由で表に出てこれない人物のようで
佐村河内守さんが
単独の作曲者と表記するようになったようですが・・・


表にでれないって・・・
一体誰なんでしょうか?


そして
高橋大輔さんが
ソチ冬季オリンピックのショートプログラムで使用する曲
ヴァイオリンのためのソナチネ」も別人の作曲だったそうです。


1だいすけ.png


オリンピック開幕まで
あと数日・・・・
今更、曲は変えないとは思いますが
高橋大輔さんに影響がでないといいですね。

★人気の記事はこちら⇒小林カツ代の長男、料理家ケンタロウ、事故後の近況 2014 
【速報】歌手、YUI パニック障害で極秘入院!
STAP細胞を発見した小保方晴子の経歴とファッションのまとめ

スポンサーリンク




共通テーマ:音楽
前の1件 | -
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。